出世したくない人はリスクがあることを知るべき

こんばんは、ハンクビジョンです。
絶賛仕事いきたくない病発症中!

さて私の会社でもそろそろ人事考課が始まる時期となりました。
特に仕事にやりたい事も目標もない私はいつも何書こうか悩む時期でもあります。

べ、べつに出世したくないわけじゃないんだからねっ!

そんな中、世間では出世したくない人が増えているそうです。
かくいう私もその中の一人なワケですが・・・
ここにそういう考え方に対するリスクについて書かれている記事がありました。

【出世してもどうせ報われないから出世しなくていい】
「電機メーカーで12年目、35才です。会社では課長手前の役職で、一般的には係長、ということになると思います。先日、管理職への昇進試験を受けるように上司から指示されたんですが、昇進することを考えると気が重いんです。外部研修を受けに行かないといけないし、ペーパーテストもあります。昨年受けた先輩にどんな問題だったか聞いたんですが、結構難しい感じでした。だから真面目に勉強しないと厳しそうです。けれども残業だって多いし、休日出勤だってたまにある状況で、今も暇なわけじゃないんですよ。
うちの会社は一応大手なんで、年収は650万円あります。だからこれくらいでいいかなぁ、と思うんですよね。頑張って課長になったところで1000万円の年収になることは難しいそうです。なのに、今よりも責任だって重くなるし、仕事もきつくなります。転勤だってしないといけないらしいし。その先、さらに役員とかになれるんだったら上を目指してもいいけれど、僕なんてまあ課長どまりですよね。
正直、これ以上頑張ってもたいして報われないのなら出世はいらないかなぁと思うんです。政府も多様な働き方とか言ってるし、出世を目指すよりも、生活を充実させたほうがいいと思いませんか?」

引用元:NIKKEI STYLE 「出世しなくていい」 あきらめる30代、その先には?

いやー私と年齢も近いし考え方もほぼ一緒。
ただこの記事では、そうやって出世をあきらめた人を
会社がいつまでも雇用してくれる保証はどこにもない、と警告してます。

まさにそのとおりなんですがね。。
なので私は早く自分で稼げるよう色々挑戦しているわけで。
まだ全然稼げてないけどね!(泣

でもね、こういう考えになるのは当たり前だと思うんですよね。
頑張って出世しても責任や仕事の量が増えるだけで、それに見合う対価が得られないのでは話にならない。

とはいえ会社にいる以上はやっぱり一応出世したい風に見せておくべき

なので私は毎年この時期は自分の本当の考えと建前との板ばさみで悩むわけです。。
早く終わらないかなぁ…。