AliExpressで久しぶりにトラブルに遭ったので顛末をまとめてみた。

最近AliExpressでちょこちょこ買い物していたのですが
久しぶりにトラブルに遭ってしまいました。。トホホ。

まだ解決していませんが事の顛末を書きたいと思います。
今後利用される方の為にも…

追記:2019/12/31に全額返金され、解決しました。

2019/11/29 商品を注文する

ちょうどAliExpressでセールをやっていて
通常よりだいぶ安く購入できたので良かったな、と思っていました。

しかし何日経ってもなかなか発送されない。
同じ日に注文した別の商品はとっくに発送されてました。
それでも待つしかないので、やきもきしつつもただただ待ちました。

2019/12/5 商品が発送される

AliExpressでは注文から5日以内に発送されないと、自動的にキャンセル扱い(延長させることも可能)
になるのですが、そのギリギリの期日で発送されました。
セラーから教えられた追跡番号をネットで追跡してみると、すぐに見つかりました。
通常は数日経ってからでないと、検索しても見つからないことが多いので
商品は発送したけどAliExpressのサイト上で更新するの忘れただけかな、とその時は楽観的に考えていたのですが…

2019/12/2 荷物が中国から発送されるも中々日本に届かず

荷物が日本についてしまえば、経験上そこから2~3日程度で家まで届くので
早く日本に着かないかな、と思っていたのですが中々日本に着きませんでした。

あまりにも着かないので、これは紛失しちゃったかなぁ…と半分あきらめかけていました。
ただ、今まで荷物が紛失したことは一度も経験ないんですが。

2019/12/13 ようやく荷物が日本に着く

ようやく日本に着いたと追跡サイトで表示されました。

長かった…
普通飛行機だったら中国⇒日本であれば、2日もあれば着くはずなんですがね。。

なんでも調べた限りでは空港に届いても、飛行機の貨物室が一杯になるまで飛ばない?らしくそれで時間がかかるとか。

ただ日本についてしまえばこっちのもの。
これで一安心だな、と思っていたのですが…

2019/12/16 荷物が他県の郵便局に運搬される

追跡サイトで荷物を追跡してみると私が住んでいる県と全く違う県に運搬されている模様

初めての経験だったのでちょっと焦りました(汗
不安になりその県の郵便局に問い合わせてみるも
「配達先を間違うということはありえないので、発送元に確認してください」といわれ終了。

まぁ、全くその通り…

すぐにAliExpressのセラーに問い合わせてみました。
そうこうしている間に追跡サイト上では”配達済み”になってました。
もちろんAliExpress上の注文ステータスも”配達済み”に…

2019/12/16 AliExpressのセラーに問い合わせる

翻訳サイトを駆使しつつAliExpressのサイト上からセラーに問い合わせました。
以下、そのやりとりです(思いっきり意訳してます)

私:
荷物まだ届いてないんだけど。間違った住所に送ってない?調べてくれない?

~二日後~

セラー:
システムエラーで間違った追跡番号教えちゃったアル。だからそれは無視するアル。

ユーの荷物は配達途中でダメージ受けたアルから戻ってきたアルヨ。
すぐに送りなおすアルが、あいにく在庫がなくなっちゃったアル。だからもう少し待つアル。

(私の心の声):
う、うそくせええ。もとから送ってないだろ、絶対。
在庫きれたなら初めからそう言えよ!違う追跡番号入れて時間稼ぎしてんじゃねーよ。
でも今回は安く買えたし送ってくれるならもう少し待ってやるか。

私:
OKOK、それでいつ送ってくれるの?バイヤープロテクション切れるのが心配なんだけど。

※バイヤープロテクションとは
AliExpressの購入者を保護するための制度。
簡単に言うと何かトラブルがあった際にセラーと購入者の間にAliExpressが入って
トラブルを解決してくれる仕組みのこと。購入から大体50日前後は保護される。

セラー:
来週には送れるアル。(この時既に12/19になってました)

(私の心の声):
うーん、嘘くさいけど待ってみるか…

私:
OK、楽しみに待ってるよ。

セラー:☺

2019/12/26 1週間経つもセラーから全く音沙汰無し

さすがにこれ以上待てないのでセラーに再度問い合わせてみました。

私:
1週間たったけど荷物は送ってくれたかい?

セラー:
ごめんアル、サプライヤーが配達納期を延長したアル。まだ待てるアル?

(私の心の声):
さすがにもう待てんぞ。
しかもうさんくせえしバイヤープロテクションの期間も残り少なくなってきたし。

私:
あと3週間以内(バイヤープロテクションの切れる期間内)に届くなら待ってやるよ。

セラー:
他のサプライヤーを見つけるのにいつまでかかるかわからないから無理アル。
返金するなら”Open Dispute”するアル。
”Open Dispute”するなら以下のようにするアル。
(1)”Open Dispute”する時は”返金”ではなく”返金&返品”にするアル。
(そうしないと色々面倒になるアル)
それと商品を受け取ったかの質問には”YES”を選ぶアル
(2)返品理由は”個人的な理由”にするアル
(実際に返品しなくても我々は同意するから大丈夫アル)

(私の心の声):
面倒くせぇなぁ…多分店の評判落としたくないからだろうなぁ…
偽の追跡番号を教えられ、しかもここまで待たされた挙句に
こんなことに従う義理はないが、揉めると面倒なのでいう通りにしてやるかな

私:OK,”Open Dispute”するからな!

2019/12/27 Open Disputeした

最初は上記にも書いた通りセラーの言うとおりにしようかと思っていたんですが
返品を選ぶと証拠の画像を入れる必要があったり、返品理由も入れる必要があったりで
なんか私が嘘をつくことになってしまうのも嫌だったので結局、本当の理由でOpen Disputeしてやりました。

というか記事にして思い返してみると
いい加減なセラーにだんだん怒りが沸いてきますね。

セラーがなんていうかわかりませんが、さっさと返金して終わらせたいですね。

こんなセラー、二度と使わん!

ただ、このセラーの評判自体は決して悪くなく、むしろ良かったから今回購入したんですけどね。。
評判はあんまりあてになりませんなぁ…

2019/12/28 セラーより早速連絡あり

Open Disputeして次の日にすぐにセラーから連絡ありました。

セラー:
Open Disputeの理由を”返品”にして理由を”個人的な理由”に変えるアル。
(それ以外だと色々面倒アル)

(私の心の声):
こういう時の返事だけ早いねぇ。
揉めたくないのでここは言うとおりにしてやるか。
とりあえず証拠としてこのやり取りはスクショにとっておこう。

私:
失礼、”返金&返品”に変えたよ。

セラー:
OK、AliExpressが3~30営業日以内に返金するアルヨ
返金に関する問い合わせは直接AliEpressのサポートに連絡するアル。
私たちのサービスに満足したら、グッドなフィードバックを残して欲しいアル。

(私の心の声):
どの口がいうんじゃボケ。

私:
OK、サンキュー。

というわけで、その後すぐさまOpen Disputeはセラー側に承認され、かつセラーは返品を要求しないで終了となりました。
Open DisputeはAliExpressが間に入って裁判のようになるのだと思っていたのですが、セラーと購入者が双方納得できればそこで解決となるようです。
以前Open Disputeした時はセラー側が承認せず、最終的にAliExpressの判断で返金されたので、今回のようなケースは初めてだったので勉強になりました。
ただ、本当に返金されるのか若干不安ではありましたが。

2019/12/31 クレカに全額返金される

無事クレカに全額返金されました。
セラーの言う通りちょうどOpen Disputeが終了してから3日後でした。

最後に

というわけで商品は届きませんでしたが、全額無事返金されたのでまぁよかったです。
振り返ってみると、返金が決まってからの流れはセラーの言う通りでしたね。
きっと今までも同じようなことは何度もやっているのでしょう。
おそらくですがセラーの言うとおりにずっと待っていればもしかしたら商品も届いていたのかもしれません。
後で同じセラーの同じ商品を見てみたのですが、売り切れとなっていて購入できなくなっていました。
サイトへの反映が遅くて在庫以上の注文を受けてしまったのでしょうかねぇ。。

まぁ何はともあれ詐欺とかではなくてよかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です