WPL C-24 RTRをホビラジ化してみよう①

さて、先日購入した中華トイラジコンのWPL C24ですが
やはりこのまま遊ぶのはイマイチなのでホビラジ化しようと思います。

ホビラジ化とは?

多くのトイラジコンの場合、スピードの調節とステアリングの切れ角の調節ができません。
それらを調節できるようにするのがホビラジ化になります。
多分。。

WPL C24の場合は、スピード調節については
細かな調節はできないものの多少はできました。

ステアリングについてはできません。
ステアリングだけ調節するようにするのは難しいので
一気にメカ関係を取り換えてしまうことにします。

 

ホビラジ化に必要なモノ メカ類

RTR版についていたメカ類はほぼ使いませんので
以下のものが必要になってきます。

  • ステアリングサーボ
  • プロポ(コントローラーのこと
  • 受信機
  • ESC(モーターの制御などに必要

これらを今回はBanggoodから購入します。
サーボのみ当初は自前のものを使いまわそうと思っていたんですが
取り付けのために色々面倒そうだったので日本のAmazonでWPL用のものを頼んでしまいました。。

今回購入するものは以下になります。

項目 商品名 価格 購入先
プロポ(受信機セット) DumboRC X6 2.4G 6CH Transmitter with X6FG Receiver 2,724円 Banggood
ESC DumboRC 10A Brushed ESC 663円 Banggood
ステアリングサーボ WPL OP パーツ 1/16 オフロートラシコン用 17g サーボ 3KG 1,080円 Amazon
合計 4,467円

 

今回購入したプロポはDUMBORCというのがメーカー名でX6というのが商品名です。
受信器はX6G(ジャイロ付き)。(ジャイロ無しはX6F)
Amazonでも買えるようですが発送は中国からされるみたいです。

しかし6CHのプロポが2,724円なんて安すぎですね。
しかも受信機付き!
日本だと初心者用の安いプロポ(3CH)でも8,000円くらいはしますからね。
ECSもほぼワンコインの663円…
ステアリングサーボもAliExpressで探したら400円くらいでした。
まぁ届く日数とかを考えれば致し方なしか。

ちなみに今回購入したステアリングサーボを貼っておきます。
PrimeでしかもAmazonから発送されるのでお急ぎ便が使えます!

ホビラジ化に必要なモノ ケーブル、コネクタ等

メカ的には上記のものがあればいいのですが
それらを接続するためのコネクタだったりケーブルが別途必要な場合があります。

特に今回は海外から購入しているので規格だったりがマチマチで
うまく接続できなかったりします。

ちょん切って直接つないじゃってもいいですが
メンテナンス性が悪くなるくなるので今回はちゃんとしようと思います。

まず今回購入したECSのコネクタに合わせるためにこれが必要です。
こちらもPrimeでAmazonから発送されるので安心です。

その他にこれ。
私の場合は以前購入した残りがあるのでそれを使います。
こちらの商品リンクは中国から発送されるので届くまでに時間がかかります。

今回はここまで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA