中国製トイラジコンのWPL C24を購入してみた

中国の通販サイトAliExpressで安くなっていたこちらのラジコンを購入しました。

価格は3,000円ちょいでした。WPL C24というものみたいですが、いかんせん日本では情報が少なく見つかるのは海外の動画ばかり。。
なので今回私の集めた情報もまとめて記事にしたいと思います。

AliExpressについては以前の記事参照
ナーフ熱が再燃!?中国の通販サイトで気になるものを注文してみた!

AliExpressで注文してから届くまで

今回はかなり早かったです。
11/29に注文して届いたのは12/8なので9日で届いたことになります。
追跡記録は下記のようになってます。

中国から発送される商品はたいてい灰色のビニール袋に入れられていることが
多いのですが今回は段ボールでちゃんと梱包されておりました。

そのせいか、商品の中身もほとんど潰れることなく届きました。
少々歪みはありましたが。。

 

WPL C24とは

今回購入したWPL C24ですが、WPLというのがメーカーの名前のようです。
ただググってもそれらしいHPは見つかりませんでした。
おそらく中国の会社なので日本ではみつからないのかもしれません。

そしてC24というのはシリーズ名のようです。
届いた商品の箱に記載がありました。

パッケージを開けると中身はこんな感じです。

ボディは結構細かくできていて塗装もされてる。

今回はRTRというものを頼みましたのでプロポやバッテリーも付属してます。
RTRとはReady to Runの略ですぐに走らせられるという意味です。
ただ、このWPLにはKIT版というものがありプロポ、受信機、ESCは含まないのの
RTR版よりちょっといいものが入っているようです。

調べた限りでは違いは以下のようです。

  • KIT版はRTR版よりタイヤが柔らかい(グリップがいい?
  • モーターがRTR版は130モーターでKIT版が180モーターでトルクがある
  • KIT版はステアリングサーボが付属している(RTR版はON/OFFでしか切り替えられない簡易サーボ

KIT版は自分で組み立てる必要があるものの将来的にメカ類をホビーラジコン用に交換する予定なら
KIT版を購入した方が断然いいと思います。

注文してからわかってちょっと後悔…

RTRとはいえど細かいパーツは取り付け必要

ボディに取り付けるドアミラー、ドアの取っ手、テールランプ、ワイパーなどは
取り付けられておらず、パーツとして付属しています。
なのでそれらは自分で取り付ける必要があります。
まぁ簡単な説明書(中国語と英語のみ)も付属してるので問題ないかと。

問題だったのはステッカー!
説明書にも何も記載がないためパッケージの写真などを
参考にしながら貼り付けるしかないのですが、それで私はやらかしてしまいました。。

と思ったらステッカーの説明もちゃんと説明書にありました。。

説明書をちゃんと読まずにやってしまった私は一体何をやらかしたのかというと
付属しているシールですがただ貼り付けるステッカーではなく
張った後に上の透明なフィルムを剥がすタイプのものだったのです。。

また、テールランプのステッカーはテールの上に張るのではなく
ボディに張ったうえでテールランプを取り付けるのが正解だったようです。
(ウィンカーも同様)

ちゃんとやればこんな風になるはず。こちらはウィンカー部分。

途中で気づいて一度張ったステッカーを剥がそうとしたのですが
綺麗に剥がせず破けてしまい大失敗。。

さらに一度取り付けたテールランプを外そうとしたところ
取り付ける突起も折れてしまいました。。

仕方ないのでテールは塗装して接着するしかないかな…

取り付ける突起が折れてしまったテールランプ(右)…

動作確認してみたら動きがおかしい

気を取り直して電池を入れて動かしてみたのですが
フロントのギアの動きが渋くスムーズに回りませんでした。

クレーム入れてもよかったんですがそこは中国製。
色々やり取りするのも面倒だったので自分でなおすことにしました。

既にメカ類もホビーラジコン用のものに交換しようと思っていたのでちょうどいいです。
というわけで次回はメカ類の交換も兼ねた記事にしたいと思います。
既に安い中華プロポと受信機とESCもBanggoodにて注文済み!
早く届かないかな~。

ちなみにAliExpressよりは高いですが日本のAmazonでも一応買うことができます。

KIT版 RTR版

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA