初めてでもバックカメラを取り付けできるか!? ~取り付け編~

こんばんは。ハンクビジョンです。
今回は前回の続きの取り付け編になります。
今までの記事はコチラ。

初めてでもバックカメラを取り付けできるか!?

~購入編~
~準備編~

内装をはがす

取り付けるにあたってまずリアハッチの内装をはがします。
はがすにあたって内張りはがしという道具を買いました。

楽天で4本入ってる割に安かったのでこれにしました。
○ーモンだったら1本でこの値段くらいします。

 

商品が届きました。思いっきり中華製です。(ピンボケスミマセン)

さて使ってみての感想ですが、力を入れると若干しなる!
傷はつきにくいと思いますが、ちょっと使いづらいかもしれません。。

では早速内装をはがしていきます。
内張りはがしを使わずとも手だけでできました(汗
ただバキッバキッっと結構大きい音がするのでびびりますが、勇気を出してはがしていきます。
全部はがすとこんな感じになります。

はがした内装です。

ガーニッシュをはがす

内装をはがせたらガーニッシュがとまっているナットが見えるので
このナットもはずします。全部で4箇所あります。

下記画像にあるシルバーのナットがそれです。

ただ、手が入らないところに取り付けてあるナットがあり
普通のスパナでは外せそうになかったので
こんな感じのラチェットのセットを近くのホームセンターで買いました。
色々追加で必要になりますなぁ…

 

 

ナットを4個外したら今度は外側からガーニッシュを引っ張ってクリップを2箇所外します。
クリップは下記画像で養成されている箇所にあります。
このクリップはやたら硬く外すのに苦労しましたが、その際に今回購入した内張りはがしが大活躍
特に買った4本のうち、先端が丸くなってるヤツが使えました。
隙間に差し込んで、てこの原理でぐいっとして上手いこと外せました。
むしろこれがなかったら外せなかったかもしれません。

ただここでもバキッと結構大きい音が鳴ります。

(上記画像の落書きは気にしないでください)

カメラの取り付け

ガーニッシュと外すとこんな感じになります。

さてここでカメラを取り付けますが、カメラの配線を
どこから車体の中に引き込むか考えなくてはなりません。

トランクのリクエストスイッチの配線がでているので、そこから引き込もうかとも思いましたが
止められているゴムがご丁寧に専用の作りになっていて、割り込ませそうにありません。

ボディに穴も開けたくないので、上記画像で赤字の箇所のクリップ用の穴を使うことにしました。

ここにカメラの配線を通し、ビニテで塞ぎました。
(後日念のためブチルゴムテープで塞ぎなおしました)

あとはカメラを固定して取り外したものを元に戻して終了です。
(下記画像は仮決めのもの)

カメラの取り付けですが、本来はガーニッシュを切り取って
そこにうまいことカメラを隠して取り付けるのですが
そこまでしたくないので両面テープで貼って終わりにしました。

以上で取り付け編は終わりです。
次回は取り付けまでにかかった費用をまとめたいと思います。