コストコで3000円のラジコンを買ってみた。

コストコで3000円で売っていたラジコン買いましたのでその紹介とレビューです。

 

商品は京商で売っているドリフトレーシングと同じものでした

商品は京商の中でも京商EGGっていうトイラジを扱っている子会社?から6月に販売されているドリフトレーシングでした。
HPを見ると3種類あるようですが、私はGAINER TANAX triple a GT-Rを選びました。
コストコでは約3000円(税込み)でしたが、京商EGGのHPを見ると定価4,980円(税抜き)でした。
Amazonでは約4,200円で販売されているようです。

※上記画像をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます

コストコで買うとAmazonで買うより1,000円くらい安く買えるので、案の定メルカリには転売されている方がチラホラ。
送料とかメルカリの手数料入れるとあんまり儲けはなさそうですが…
まぁこれに関しては値段がまだ良心的なのでいいですが、オートミールとかゼラチンとか未だにひどいですね。
本当に食料品とか生活必需品の転売は辞めて欲しいです。
法律で規制すればいいのに…

 

中身の紹介

中身はこんな感じです。

  • 本体
  • 送信機
  • 交換用のドリフトタイヤ
  • タイヤ取り外し用の工具
  • 日本語の説明書

ボディは1/10のタミヤのラジコンと同じようなポリカーボネードでした。
ぱっと見かっこよく見えますが、品質はあんまり良くないです。

例えば下記の画像でちょうど”で”の下にマフラーのステッカー貼ってありますが
左の画像の方はちゃんとしてますが、右の画像の方はステッカーが破けてしまってます。
まあ中国製では普通です

 

シャーシとかメカとか

ボディをとるとこんな感じです。
ボディの取り付けは1/10のタミヤのラジコンと同じなので別のボディがあれば取り換えられそう。

 

真ん中の黒いカバーを取ると受信機・ESC一体型の基板が。
これも後で交換してホビラジ化しようかな?

 

ちなみにボディをとめるこのピンですが予備は入っていないので紛失注意!

 

中華系通販ショップにも同じ商品と思われるものを発見

ちなみに中国製なのでもしや…と思いBanggood/AliExpressで探してみたところありました。
おそらくこれと同一商品と思います。
AliExpressにはご丁寧に充電池と充電器のセットになったものもありました。

また、交換用のボディやタイヤなんかも販売されてました。
京商からはGT-Rしか販売されてませんが、ボディはRC-Fもあるようです。

※上記画像をクリックするとBanggoodの商品ページに飛びます

試しにAliExpressでRC-Fを購入してみましたので、届いたら比較してみたいと思います。
ただ注文してから既に1週間以上経っているのですが、未だに発送されないところを見るとダメかもしれません。
おそらく発送期限ぎりぎりで発送されるパターンかな…(こうなると大抵偽の追跡番号教えられるか途中で荷物が返却されるかどっちか)

ああ返金処理がめんどくさい(爆

 

基本性能

前後左右のフルファンクションですが、いわゆるトイラジってやつでステアリングもスロットルもON・OFFしかできません。
駆動は4WD。
サスペンション機能はありません。

スピードは約10kmくらいでしょうか。
家の中で走らせるには速すぎても扱いきれないので、まぁちょうどいい速さです。

箱の裏にはドリフトの説明が載ってました。

 

走行させた感想

ドリフトさせる目的で購入したので、いきなりドリフトタイヤに交換してドリフトタイヤでしか走らせてません。
ドリフトはまぁできなくはないです。定常円旋回とかもやれないことはないです(そのうち動画あげるかも)

うまくなれば上手にできるようになるかな??

ただ、家の中でフローリングの上を走らせているのですが走行音がめちゃくちゃうるさいです。
走らせていたら嫁と子供たちからうるさいと苦情が…

家の中ではもうドリフトタイヤでは走らせられないかも(爆
俺もメルカリで売っちゃおうかな

 

んで…早速壊れた

購入してから約1週間。
ちょっと子供に貸していたら何か走行音が怪しい。
そのうち完全に止まって動かなくなりました。

それでも電源切ったり入れたり色々していたら、走るようにはなったんですが動きがなんかおかしい…

よく確認したら4WDなのに前輪の片方だけスロットルをONにしても回っていませんでした。

購入後約1週間で部屋のオブジェとなりましたとさ。。

 

 

チーン

 

 

 

 

 

 

 

いやああああ 終わらねぇよ!

ということで修理するべく分解することに。

 

分解した結果

分解した結果、このパーツがお亡くなりになってました。
右が正常、左の持っている方がお亡くなりになったパーツ。

ラジコンでよく使われるパーツですな。(タミヤでいうとドッグボーン、みたいな?)
右の正常な方には突起がついていますが、左の方にはこの突起が見事になくなってしまってます。
※上の方にある黒いカスが折れた突起

この突起があることでタイヤに駆動を伝えるわけですが、それが折れてなくなってしまったので
そのせいで片方のタイヤが回っていませんでした。

 

このパーツが売ってればこれを交換するだけでなおるのですが、そこはトイラジ。
交換用のパーツなんて売っているわけもなく…

しかたないのでどうにかこのパーツを修理してみることに。

 

破損したパーツの修理

手持ちのラジコンパーツを漁ったところちょうどよさげな金属棒を発見。
これを使えばなおせそう。

 

というわけで、ピンバイスでこの部品に穴を空けます。

はい、なんとかできました。
コツはいきなり太いドリルを使うのではなく、最初は細いドリルで開けてから太いドリルを使うこと。
そうすることで空ける穴の場所がずれにくくなります。

後はこの空けた穴に棒を突っ込むだけ。

はい、できました。
後は組みなおして修理完了!

はぁー よかったよかった。
修理したところは前より強度上がったはずなので壊れにくくなったはず!

 

ただし!

今回修理していない方がまた壊れる可能性大。

 

もし壊れたら、同じ金属の棒がもうないのでどうしよう…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA