WPL C-24 RTRを2速トランスミッションにアップグレードしてみた

注文していた2速トランスミッションはとっくの昔に無事に到着しておりました。
さらに組み込みもとっくの昔に終わっておりました。
単に記事を書くのをすっかり忘れておりました(ぉ

というわけで思い出しながら早速書いていこうと思います。

購入した2速トランスミッション

私が購入したWPL C24用の2速トランスミッションですがAmazonで探してみましたが同じ出品者のものはなくなってしまったようです。
今だと多分これがAmazonでは最安値でしょうか。
私が購入した時は1,500円くらいだったのでちょっと高くなってしまいましたね。

ちなみに最初はこれだけ買っていたのですが組み込む時にさらに必要なパーツが発覚…
それがこちら。

私がこれをAmazonで探した時は、高いものしかなかったので仕方なくAliExpressにて購入しました。
これでさらに2週間以上組み込みがおあずけに。。
その時のAliExpressの価格は658円でした。

しかし中華ラジコンは説明書もなーんにもないのでこんなのわからんよ。。
まぁせめてもの救いは安いことですね。
皆さん気を付けましょう。

ちなみにこっちを買っていればおそらくこれだけで大丈夫だったはず。
ヒートシンクもついてきて3,660円。
私の時はもっと安かったと思いますが、今はこれしか見つけられず。

最後にこちらで紹介したAmazonリンクはおそらくすべて中国からの発送になると思いますので購入する際は配送も遅いですし、最悪届かないことも覚悟の上で購入ください。

記事を書きながらWPLの公式サイトを見つけたのを思い出しました。
ここを見れば説明書とかもダウンロードできるので少しは役に立つと思いますので貼っておきます。

WPLの公式サイト

 

2速トランスミッションの組み込み

と思ったら写真がこれしか残ってないwww
既にほとんど組み込み済みww

よくみるとギアボックスから延びるシャフトとタイヤからのシャフトが繋がっていないのでおそらく上で書いたパーツがなく取り付けられなかったのでしょう。。

ちなみにこの写真の日付が1/5。

 

そしてこちらの問題のパーツの写真の日付が1/27なので
1/5にこのパーツが必要だと判明して、その22日後にようやく手に入れられたわけですね!

注意:前と後ろでこのパーツは2個必要になります

 

2速トランスミッションを組み込んでみて

2速になったことで岩を乗り越える時のスピード調節が楽になりました。
また、自動的にモーターが180モーターから370モーターにアップグレードしたので
トルクも増して前は勢いをつけないと登れなかったようなところでも、ゆっくりしたスピードでも登れるようになり
幾分動きが実車っぽく走らせられるようになったかな?

個人的にはこれでほぼやりたかったことはできたので満足です。

後はできれば防水にして泥のところとか走らせてみたいですが
防水にするのはちょっと大変そうなので見送ります。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA