車からまたも異音発生!!タイヤのナットが緩むので対策を考えてみた。

以前、タイヤのナットの緩みが異音が発生していましたが、また再発しました!

夏タイヤに交換して数か月ほど。
走行中なんか変な音するなぁ…と気づき、頭を以前のことがよぎる。
注意して聞いてみるとやっぱり鳴っている。
今度はリアの方から…
さすがに何度も緩んでは危ないので対策を考えてみることにしました。

ちなみに以前の記事はこちらからどうぞ。

まずはナットがどうして緩むのかを考えてみる

そもそもナットはどうして緩むのでしょうか。
それを知るためにナットが締まるメカニズムを調べてみました。

タイヤが締まるメカニズム

ナットはボルトに嵌めて締めるわけですが
この際、ボルトがナットに締められることでボルトが外側に引っ張られてバネのように伸びます。
ボルトは金属なので当然元に戻ろうとする力が発生します。この力が軸力。
この軸力を利用してナットが締まるということらしいです。
なんだかわかったようでわかってない?かも
図に書くとこんな感じかな。

 

何故緩むのか?

ボルトとナットはそれぞれ逆に引っ張る力が働いて締まっているわけですが
ボルトとナットの接合面の摩擦力が低いと振動や衝撃によって次第に緩んでしまうそうです。

 

ボルトとナットの摩擦力を確保するために

こんな商品を使ってみることにします。
ハブボルトの保護の為にもいいそうです。

まだ使っていないので何とも言えませんが
知人の整備士の方がいうくらいなのできっといいのでしょう。
実際に使ってみて後日、使用レポを掲載したいと思います。