新しいRC時代の幕開けか!?京商がやってくれた!

ラジコンを趣味にしている私にとって
年々ラジコン業界が衰退しているのを身に染みて感じておりました。

例えば通っていたラジコンショップが次々閉店していったり
サーキットに行っても誰も走らせていなかったり…

そんなラジコン業界ですが、老舗のラジコンメーカーの京商から
私がこんなのあったらいいなぁと前々から思っていた商品が第57回全日本模型ショーで発表されます!

 

RCは疑似的に乗って操作する

こちらの京商のサイトに詳しく載っていますが、京商がFPVシステムを発表します。


4D RIDE ON SYSTEM

これはまるでラジコンをゲームセンターにあるコックピットに乗って遊ぶような感じで操作できるのです。
これもすごいんですが、これはどちらかというと業者向けでしょうね。
個人ではとても買えそうにないです。。

 

FPVシステムオンボードモニター

個人的にすごいと思ったのはこっちの方。
何がすごいのかというと2.4GHzを使用していて遅延が少ないという点
2.4GHzを使用したFPVシステムは既にあるのですが、遅延がひどく
リアルタイムに映像を見ながら操作するといったことは難しかったのです。

なので現在のFPVシステムでは5.8GHzを使用しているものがほとんどです。
じゃあ何も問題ないじゃない?と思うのですが
この5.8GHzという周波数帯が曲者で、日本では使用が制限されている周波数帯なのです。
もしも無断で使用した場合、最高で5年以下の懲役、又は250万円以下の罰金の罪に問われることも!

5.8GHzを使うには、アマチュア無線4級という免許を持ち、さらに無線の開局申請をした場合に限り
ホビー用途限定で使用が許可されているのです。

なのでTiny Whoopとか中華フープとかやってみたかったのですが
この電波の問題があり二の足を踏んでおりました。。

そこに発表されたのがこの京商の2.4GHzのFPVシステム!
2.4GHzなので電波の問題はクリア!
当然技適マークと呼ばれる日本の電波法認証も取得済み!
価格も1万円台とリーズナブル!

と完璧。

早く販売開始されないかなぁと思ったのでした。
これが販売されてラジコンがすべて簡単にFPVで操作できるようになったら
ラジコンブーム再燃!?なんてことになるかもしれませんね!