リビング階段っていいの?メリットとデメリットについて。

こんばんは。
日本では空き家が増えているというのに
新築を35年ローンで5年ほど前に買ってしまったハンクビジョンです。
あと30年も働く気力なんてまったくないのにどうしよう

そんな我が家ですが、色々こうしておけばよかったという点が何点かあります。
そのうちの1つが「リビング階段」です。

リビング階段とは

リビング階段とは、その言葉のとおりリビングに階段がある間取りのことを言います。
2階に上がるのに必ずリビングを通らないといけなくなります。
これがメリットととらえるかデメリットと捕らえるかは人それぞれ。

嫁はメリットと考えていたようで、どうしてもリビング階段がいいというので
また、私もハウスメーカーの口車にまんまと乗せられてしまい
我が家はリビング階段となりました。

リビング階段のメリット

リビング階段の一番のメリットとしては、リビングを通らないと
2階へ行けませんので、必ず家族がリビングで顔を合わせることです。
その逆もそうで外に出るにも必ずリビングを通らないといけません。
なにこれ 超絶不便では?

そうすることで家族と顔を会わせる機会を強制的に増やせるわけです。

次にメリットとしては2階との空気の循環ができるので吹き抜け代わりになります。
そうすることで1階の暖かい空気を2階にも循環できるので、家中暖かくすごせます。
そう、これを期待していた!が、実際に住んでみたら…

リビング階段のデメリット

デメリットとしては、寒いことです。
え、メリットに家中暖かいってあったじゃん?と思うでしょうが
いざ、住んでみたら冷たい空気がリビング階段から山おろしのように吹いてきて寒い!
エアコン1つで家中暖かいですよ、なーんていわれ真に受けてしまった私が悪いのですが。。
おそらく本当に暖房能力が大きい暖房器具を使えればそうなんでしょうが
我が家のようにエアコン+ファンヒータでは無理でした。

また、我が家は対面式キッチンの為リビング内にキッチンがあるので
料理をした場合ニオイなんかもリビング階段から2階に伝わりやすくなります。
ニオイについては下のような理想と現実が…

理想
嫁の作っている味噌汁のいい匂いで目を覚ます

現実
嫁の作っている卵焼きの油の臭いで胸焼けして起きる

またメリットとしてあげたはずの、必ずリビングを通らないといけない点も
逆に言えば家族以外の人が家に遊びに来た時でも、必ずリビングを通る必要があるので
ラフな格好でリビングでいたらちょっときまづい思いをしてしまう場面かもしれません。
休日にパジャマのままリビングでくつろいでいる時に子供の友達が遊びに来た時とか。
なんかほとんどいいことない…

まとめ

というわけでリビング階段ですが、私の感想としてはいいことまるでないです。。
それでもリビング階段がいいという方は、リビング階段の間口に
いつでも仕切られるよう引き戸とか扉をつけることをオススメします。